スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC 陸ガン?

 今更ながら、一週間が経つのが早い!先週は三連休で作業部屋の掃除やら整理整頓をやっていたんですよね。
 さて、今日はついに私にとって最大の懸案だった足首の加工に取り掛かりました。
 まずは、キットの足首パーツの切断です。 どこをどう切るかは、すでに試行錯誤済み(パーツも請求済み)
陸ガン足首
 次に、切り離したボール側の部分を、プラ棒(3ミリ角)で新造しました。足の甲の側の内側に、関節技の小の受けをアルテコで固定。そこにはめるボールの軸は2ミリなので、プラ棒に2ミリの穴をあけ、ボール軸を差込み、接着。プラ棒の丈夫には、切り離したキットのボール部分だけを切り取り、真鍮線を使ってプラ棒と接着。さらに、プラ板、真鍮パイプ、白洋線を使ってシリンダーを表現してみました。
陸ガン足首2
 ところが、完走させて組み立てると、どうも関節技のボールと受けがカチッと合いません。はめたりはずしたりしたせいでしょうか。関節技の小は力がかかる部分が小さすぎでちょっと使いづらいかも。
 というわけで、もう片方の足首は、BJ03プラサポ?のパーツを使用しました。
 基本的な構成は同じですが、面倒なのでプラ棒の代わりにプラサポのBJの軸を、そのまま生かしました。写真は実際に使ったプラサポのパーツより一回り大きいもの。一番小さいパーツを使ったけれど、それでも足首パーツの内側に仕込むには削り込まなければいけませんでした。
陸ガンプラサポ
 両足首完成の図。
足首両方完成
 あっ!ポリパーツを挟むのを忘れてた!無理やりねじ込みました(滝汗
ポリパーツ
以上です。

スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。