スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RX-78-2その4(完成)

 久しぶりの更新です。

 この間いろいろありましたが、HGUCのガンダムが完成です。

 これまでに書いてきたちょっとした改造のあと、スパクリを吹き、コピックでグラデーション、シャープペンシル、色鉛筆等でウェザリングで仕上げました。

 まずは正面から

たつ

 立てひざで



 左横から



 右横から


height="960" alt="" class="pict" />

 後姿



 足首ディテ

 

 リアアーマーディテ



 顔ディテ

スポンサーサイト

RX-78-2その3

 プロトタイプガンダムにすっかりはまってしまって放置状態だったこの子ですが、前回失敗した手首加工をやってみました。





 手首部分の切り落としです。平らに切り落とすのが難しかったですが、何とかできました。

 こうなると失敗したほうも作り直したくなるんですが、っまいいや!初心者ですし、やることなすこと勉強というか経験ですから、100%満足できる作品を作れなくても、これを作ったおかげでこんなことが分かった!と思えればいいです。というわけで、HGUCガンダムの工作はほぼ終了でパーツの接着を行いました。しばし乾燥待ち。この間にまた別のキットを行って見ましょうか!





RX-78-2その2

 手首の可動域を確保するために、手首カバーを前腕部に埋め込むことにしました。

 前腕パーツの先端部をデザインナイフで削ったのですが、結構ガタガタになってしまいました。



もう片方の手も同様の工作をしなければならないのですが、もっとよい方法はないものでしょうか。彫刻刀とか?

 後は顔の塗装です。ガンダムマーカーで塗りました。なんだか汚いです(泣)



右はMSVプロトタイプガンダムの顔です。こっちは水性塗料を面相筆で塗ったのですが、もっと汚いです(笑)



HGUC RX-78-2その1

その1と言いいつつ、すでに作業はずいぶん進んでいます。

とりあえず、リアアーマーの可動化です。



リアアーマーの左右を切り離しました。

次に、真鍮パイプと真鍮線を使ってリアアーマーの可動化を行い8ます。



とりあえずこれでオーケーのようです。



HGUC RX-78-2これまでの経過

 まずはパチ組み。こんな感じです。RX-78-1と比べながら、作ってみます。



1)顔パーツの後ハメ加工

2)襟パーツの一部切除(首の動きをよくするため)



3)腹部後ハメ加工

4)左右フロントアーマーの独立可動化



5)手首カバーの作製=写真3



6)足首パーツのシリンダーを自作することにしました。ウェーブのC-PIPEのNo.3という真鍮パイプ(外径1.3ミリ、内径1.13ミリ)と、直径1ミリのプラ棒を組み合わせて作りました。写真1の下にある部品です。プラ棒はガンダムマーカー・メッキシルバーで塗装しました。これを足首パーツに貼り付ける予定。足首のシリンダーのモールドを削って接着中です。



7)C-PIPEはNo.1(外径0.9ミリ)とNo.2(外径1.1ミリ)も購入。No.1を頭部バルカン砲のディテールアップに使います=写真2。ピンバイスの穴あけの角度が左右で微妙に違ってしまい、バルカン砲の向きが左右非対称になってしましました(汗)



8)ランドセルにあるシールド接続用の穴をふさぐパーツの自作です。手首カバーに使ったバーニアの部品の裏側に3ミリのプラ棒を接着しました。シールドを接続するときには取り外します。












 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。